スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルタ騎士団の鍵穴から イタリアとブルガリア・その22

2008年4月後半から始まったブルガリアとイタリアの旅(初めはこちらから)もやっと、やっと、終盤に入りました。

マリアーノサビーナからローマへは車でも電車での1時間ほど。ちょうどタイミング良く、友人も夕方ローマ市内で約束があったので、一緒に車でローマへ向かうことに。

Map_MaglianoSabina_Roma

ローマの友人とは別れ、予約しておいたテルミニ駅近くのホテルへチェックイン。帰国は翌日の夜の便だったので、充分時間がありますね~。

せっかくなので、
5月上旬なのにすでに初夏の陽気のローマを何年かぶりに歩き回りました!

 Roma-1

この松の木々を見ると、ああ、ローマだなあとしみじみ。

もう十年以上も前、古き良き(?)リラの時代のことですが、ローマの友人宅にしばらく滞在していたことがあり(当時はイタリア語は勉強していないの)、
生イタリア人の生活に触れ、偉大な歴史と芸術を肌で感じ、感動しつつも、イタリアの(良くも悪くも)いい加減さに驚いて…。
でも人情味あふれる暖かさにも魅かれ、とてもマメな人もいることを知り(そりゃそうだ)
少しずつあのテキトーさゆるさに慣らされていった記憶があります。。。

実はイギリスでも似たようなところ多々あったので… 日本が特別だというのは確かですよね。 
※あ、誤解のないよう付け足しますが、ここでいう『特別』は正確さ・迅速さ、きめ細やかさを指しています。


まずは地下鉄B線 Circo Massimo(チルコマッシモ)で下車。
向かった場所は、ここも日本のイタリア語の先生(ローマ人)に教えてもらっていた名所の一つ。
今では日本でもすっかり知名度アップしてますね。

Roma-2

そう、あの鍵穴です。

マルタ騎士団広場にある騎士団長の館の扉の鍵穴から見える、

サンピエトロ大聖堂の眺め

とっても印象的

でも、コンパクトデジカメでは残念な結果に。

  Roma-3

実際にはこんな風に見えるんです。↓(ガイドブックにあった写真を拝借)

 Roma-4

鍵穴からのぞいて完成する図なんてユーモアがありますね。素晴らしく美しい眺めでした。


マルタ騎士団広場を背にしてチルコマッシモ方向への道を戻ると、左手にあるオレンジの公園と呼ばれているParco Savello(サヴェッロ公園)にもフラッと寄ってみました。
写真はありませんが、行った時にもオレンジがたわわになっていて、え?オレンジの季節っていつだっけ?と疑問がわいてきます。

ガイドブックも持たず、偶然立ち寄った公園だったのですが、突き当りにある展望台からはこんなにステキな景色が見えました。

Roma-5


アヴェンティーノの丘を左手に、Via S. Sabinaを下り、Civilo dei Publiciiという道を左へ曲がると左側にバラ園が見えます。
ちょうど5月、美しいバラがたくさん咲いていました。でも気温が暖かすぎで、心なしかぐったりしていたけど。

この日は、結構大がかりな映画かTVの撮影があったようで、このあたりの道にも撮影用のヴァンが何台も停まっていました。何人か俳優らしき人も見かけましたが、残念ながら誰なのかはわからなーい。


・・・もう一回つづく予定・・・


↓↓ここまで読んでいただきありがとうございます!皆さまのクリックが励みになってます。
にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
↓↓クリックしていただけるととっても嬉しいです。


スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

チャオベッラさん、こんにちは☆
記事を拝見すると、
いますぐイタリア旅行を計画したくなります(笑)
イタリアにも立派な松があるのに驚きですが、
日本の松の風情とはまた違ってお洒落ですね(^^)
サンピエトロ大聖堂もなんて素敵なんでしょう!
遊び心がある鑑賞の仕方にうっとりです。

確かに・・・日本人は良くも悪くも「きっちり」の傾向が強いですよね。
旅行をすると他国のいい加減さにビックリするものですが、
段々とそのゆるさに慣れていって落ち着いて彼らの真意を見てみれば、
表現形の違いはあるけど温かい気持ちがあるのには変わらないですものね。
知るほどにどんどん好きになるって国って理想です(^^)/

Re: No title

うるる様
もしローマに旅行される時は、是非この鍵穴からの風景をのぞいて見て下さいね!
余裕のある遊び心を感じるし、とにかくとても印象的なのですよ。
ただイタリアでは、何事にも時間と心の余裕を持って当たった方が良いと思います。彼らの目線と近くなることができれば、案外おもしろい発見があるかもしれません。
そして、その土地の美味しい物をいただく!イタリアはやはり食べることに貪欲な国ですから、お腹一杯美味しいもの食べて飲んでたら当然気分は良くなるし、いやなこともどうでもよくなるんですよね…(実はそれが問題かもi-198

> 旅行をすると他国のいい加減さにビックリするものですが、
本当に同感です。i-229

> 表現形の違いはあるけど温かい気持ちがあるのには変わらないですものね。
人種は違えど基本は同じ人間ですもの。(極論ですが)表現方法は違っても気持ちは通じますしね。
日本の標準を全てに求めてしまいがちですが、世界を自分で狭めてしまうことになるでしょうしね。自分も見方を変えて楽しむようにしてます。i-185

No title

こんばんは。

マルタ騎士団の鍵穴に行かれたんですね。鍵穴からの風景は良いですね!!我が家もローマ旅行の時に行きたくて、最寄のバス停迄は行ったのですが、坂道を登らなくてはならなかったので諦めてしまいました。真夏の暑さでで体力を消耗仕切っていましたので。ブログを拝見して写真を見せていただいたので、ちょっと行ったつもりになれました。
ありがとうございました!!

Re: No title

ふとかつ様、コメントありがとうございます!
マルタ騎士団の鍵穴からの風景を見た気分になっていただけたようで、嬉しいです。
おっしゃるとおり、真夏のローマは日差しの強さが半端じゃないんですよね。i-1夏はサマータイムで遅くまで明るいので、昼間はホテルで一休みして、活動は午前中と夕方少し涼しくなってからが身体には負担が少ないですよ。
ふとかつさんは活動的にいろんなところにお出かけなんですね~。i-185拝見していると、まるで自分が言った気になります。e-215またお邪魔させていただきますので、どうぞよろしくお願いします!
プロフィール

チャオベッラ

Author:チャオベッラ
国内外のパワースポット・スピリチュアルスポット、リピートしている美味しいイタリアの訪問記。日々の小さな微笑を感じていただけたら幸いです。
デジカメが普及する前 (!) に、フィルムで撮った旅の写真の整理を兼ね、目に焼き付けた風景、心に響いたエピソードなどを気ままにつづります。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
お気に入りリンク
FC2カウンター
RSSリンクの表示
旅やホテルの予約
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。